• 指導・支援
  • 研修講義
  • 教材・支援機器
  • 研究紹介
  • 施策法令
  • 教育相談
  • イベント情報
 
 
アンケートのお願い
 

会話が発展しないのですが・・・



 やすお君は、ほかの子どもたちとうまく会話をやり取りすることができません。
 

会話が発展しない男の子の画像


 そこで、先生はアセスメント(子どもの様子をじっくりと見て、どんなことがこのつまずきに関連しているかを考えること)をしてみました。


     ほかの子どもたちや先生に、自分の好きなゲームのことについて一方的に話をしたり、会話中に相手の方を見ていなかったり、突然話題を変えたりすることが多くみられます。最近では、やすお君の話題を友達が取り合ってくれないことも出てきました。


 絵文字:矢印

 ここで行われたアセスメントのポイント!

 
やすお君だけでなく、周りの子どもを含めたお互いのやり取りについて検討する

 推測できるつまずきの要因

 絵文字:緑相手の表情や仕草から、相手がどのように感じているのかを理解することが難しい

 絵文字:緑会話がやり取りであるというルールを理解していない

 絵文字:緑会話の基礎的なスキルを獲得していない

 絵文字:緑
興味に偏りがあるため、会話の話題の選択に問題がある


指導編

 
 アセスメントに基づいて、担任の先生は、次のような指導を行ってみました。

 A.話しかける前や話題を変えるときには、一言確認することを教える   
 B.自分の興味のある話だけしないで、相手の意見を聞くように教える
 C.休み時間など時間があるときに、担任がやすお君が好きな話題について話しかけ、一緒に楽しく話す時間をつくる 
D.
両親、本人の了解を得て、周りの子どもたちに本児についての理解を促す機会をもつ
E.
周りの子どもたちと一緒に、相手を傷つけない断り方や話し方を学ぶ

 担任の先生が行った指導の意味

 絵文字:緑AやBのように会話の基本的なスキルを教えることで、形式的な方法を身につけられますが、場面に応じた対応ができづらく、場面に応じて繰り返し教える必要があります。

 絵文字:緑Cのように、本児の興味のある話を聞く機会や興味のある話にあわせた会話を行うことで、本児が安心して話をする機会が得られることになります。

 絵文字:緑可能であればDのように、周りの子どもたちの理解を促すことにより、友達関係を調整することが可能となります。ただし、周りの子どもたちにも、不満や正直な気持ちを表出させる機会を設定することが必要となります。

 絵文字:緑 Eのように、本児だけでなく周りの子どもたちと適切な会話のスキルを共有することで、本児の会話のスキルだけでなく、本児の会話に対する対応の仕方を周囲の子どもたちに気づかせる機会をつくることができます。

 
【文責:佐藤 克敏】