• 指導・支援
  • 研修講義
  • 教材・支援機器
  • 研究紹介
  • 施策法令
  • 教育相談
  • イベント情報
 
 
もっと詳しいメニュー
 
アンケートのお願い
 

研究所の発達障害関連の研究紹介

 国立特別支援教育総合研究所が行った研究を紹介します。平成15年度以降に公表された報告書から、発達障害に関する教育を考える際、参考になると思われる情報を中心に提供しています。
 
A 知りたい情報は、どれくらいの年齢段階のことで、どういった内容かを下の表から選んでください。
B そこをクリックすると、研究紹介シートがみられます。
C その研究について、より詳しく知りたい場合は、報告書にアクセスすることもできます。
 
乳幼児期段階
子どもの特性、実態把握に関すること【10】早期からの教育相談で保護者とかかわるときに
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【24】発達障害のある子ども早期に発見し、その後の育ちを支援するシステムをつくるために
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【38】障害乳幼児を養育している保護者を理解するために
【40】子どもの教育的ニーズ概念をどう捉えるか
指導法・支援方法に関すること【10】早期からの教育相談で保護者とかかわるときに
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【24】発達障害のある子ども早期に発見し、その後の育ちを支援するシステムをつくるために
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【38】障害乳幼児を養育している保護者を理解するために
【45】小中学校等における発達障害のある子どもの教科教育等の支援に…
【50】発達障害のある子どもの学校教育段階における支援の在り方とは
支援体制に関すること【10】早期からの教育相談で保護者とかかわるときに
【11】障害のある子どもの支援を行う機関のあり方を考えるために
【17】個別の教育支援計画を策定すれば、教員が変わる、学校が変わる、地域が変わる
【22】特別支援教育コーディネーターの役割や活動を知るために
【24】発達障害のある子ども早期に発見し、その後の育ちを支援するシステムをつくるために
【27】地域支援を進めるための教育相談手法を考える
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
【38】障害乳幼児を養育している保護者を理解するために
【39】地域における障害のある子どもの総合的な教育支援体制の構築のために
【42】幼稚園・保育所における「気になる子ども」への支援を考えるために
【43】早期発見と早期支援-米国・英国・フィンランドから学ぶ-
【44】発達障害のある子どもの早期発見・早期支援の充実に向けて
【48】障害のある子どもへの一貫した支援システム構築のために 
理解啓発等に関すること【9】保護者とのかかわりにおいて担当者が大切にすること
【10】早期からの教育相談で保護者とかかわるときに
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
【38】障害乳幼児を養育している保護者を理解するために
 
小学校段階
子どもの特性、実態把握に関すること【2】通常の学級に在籍するADHD児の支援の在り方
【3】LDのある子どもへの指導方法と支援体制
【6】LDの状態像を捉えるためのアセスメント
【12】オーダーメイド・マニュアルを使用した自閉症児の指導
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【14】知的障害養護学校における自閉症の教育に関する全国実態調査
【15】通常の学級における教育的な配慮について
【18】神経症・緘黙症等の情緒障害のある子どもの支援のために
【21】自閉症児の言語指導-「だれ?」「なに?」に答えられるために-
【23】慢性疾患、心身症、情緒及び行動の障害を伴う不登校の経験のある子どもの教育的支援
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【30】聞いたことばを文章で書くとき、文字が抜け落ちることがありませんか。
【34】ADHDのある子どもの実態把握と支援のために
【40】子どもの教育的ニーズ概念をどう捉えるか
【45】小中学校等における発達障害のある子どもの教科教育等の支援に…
【51】二次障害の予防的対応を考えるために
【53】自閉症スペクトラム児の実行機能の測定の試み
指導法・支援方法に関すること【1】通常学級での教育的支援について-特別支援教育草創期からまなぶ-
【2】通常の学級に在籍するADHD児の支援の在り方
【3】LDのある子どもへの指導方法と支援体制
【4】障害のある子どもの教育課程についての海外の状況
【12】オーダーメイド・マニュアルを使用した自閉症児の指導
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【14】知的障害養護学校における自閉症の教育に関する全国実態調査
【15】通常の学級における教育的な配慮について
【16】パーソナルロボットを用いた国語の授業の展開
【18】神経症・緘黙症等の情緒障害のある子どもの支援のために
【21】自閉症児の言語指導-「だれ?」「なに?」に答えられるために-
【23】慢性疾患、心身症、情緒及び行動の障害を伴う不登校の経験のある子どもの教育的支援
【28】「特別支援教室(仮称)」の弾力的運用と交流及び共同学習の推進から
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【34】ADHDのある子どもの実態把握と支援のために
【35】小中学校における自閉症や情緒障害のある子どもの教育の充実
【45】小中学校等における発達障害のある子どもの教科教育等の支援に…
【47】特別支援学級での自閉症教育 
【49】高機能自閉症等の児童生徒の国語科指導のために―「国語科学習評価シート」の作成と活用を中心に―
【50】発達障害のある子どもの学校教育段階における支援の在り方とは
【51】二次障害の予防的対応を考えるために
【55】自閉症・情緒障害特別支援学級に在籍する自閉症児に対する算数科・数学科教育
【57】漢字書字に困難のある児童生徒への指導に関する研究動向
【58】自閉症児の自傷行為への間接支援
【59】自閉症のある子どもの自立活動の授業を組み立てる上での要点絵文字:NEW 1
支援体制に関すること【1】通常学級での教育的支援について-特別支援教育草創期からまなぶ-
【3】LDのある子どもへの指導方法と支援体制
【5】特殊教育諸学校(特別支援学校)の専門性を発揮するために
【7】小・中学校における校内支援体制の在り方
【11】障害のある子どもの支援を行う機関のあり方を考えるために
【15】通常の学級における教育的な配慮について
【17】個別の教育支援計画を策定すれば、教員が変わる、学校が変わる、地域が変わる
【19】交流及び共同学習の一層の推進に向けて
【22】特別支援教育コーディネーターの役割や活動を知るために
【27】地域支援を進めるための教育相談手法を考える
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
【32】小・中学校の特別支援教育はどのように進められているのか
【35】小中学校における自閉症や情緒障害のある子どもの教育の充実
【36】ICF及びICF-CYの活用:試みから実践へ-特別支援教育を中心に-
【37】多職種間連携のツールとしてのICF(国際生活機能分類)実用化の試み-「個別の教育支援計画」への適用を視野に入れて-
【39】地域における障害のある子どもの総合的な教育支援体制の構築のために
【41】小・中学校の特別支援教育の進捗状況に関する調査結果
【43】早期発見と早期支援-米国・英国・フィンランドから学ぶ-
【47】特別支援学級での自閉症教育
【48】障害のある子どもへの一貫した支援システム構築のために 
【52】発達障害を対象とする通級による指導の充実のために
【56】通常の学級に在席する発達障害のある子どもの状況に関する調査報告
理解啓発等に関すること【1】通常学級での教育的支援について-特別支援教育草創期からまなぶ-
【9】保護者とのかかわりにおいて担当者が大切にすること
【19】交流及び共同学習の一層の推進に向けて
【20】周囲の子どもへの障害理解を図るために
【25】障害の機能補填と関連する脳科学的所見
【26】ヒトの脳機能の最近の計測方法と心理学的検査法
【28】「特別支援教室(仮称)」は弾力的運用と交流及び共同学習の推進から
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
 
中学校段階
子どもの特性、実態把握に関すること【3】LDのある子どもへの指導方法と支援体制
【6】LDの状態像を捉えるためのアセスメント
【12】オーダーメイド・マニュアルを使用した自閉症児の指導
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【14】知的障害養護学校における自閉症の教育に関する全国実態調査
【15】通常の学級における教育的な配慮について
【18】神経症・緘黙症等の情緒障害のある子どもの支援のために
【23】慢性疾患、心身症、情緒及び行動の障害を伴う不登校の経験のある子どもの教育的支援
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【30】聞いたことばを文章で書くとき、文字が抜け落ちることがありませんか。
【34】ADHDのある子どもの実態把握と支援のために
【40】子どもの教育的ニーズ概念をどう捉えるか
【45】小中学校等における発達障害のある子どもの教科教育等の支援に…
【51】二次障害の予防的対応を考えるために
指導法・支援方法に関すること【1】通常学級での教育的支援について-特別支援教育草創期からまなぶ-
【3】LDのある子どもへの指導方法と支援体制
【4】障害のある子どもの教育課程についての海外の状況
【12】オーダーメイド・マニュアルを使用した自閉症児の指導
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【14】知的障害養護学校における自閉症の教育に関する全国実態調査
【15】通常の学級における教育的な配慮について
【18】神経症・緘黙症等の情緒障害のある子どもの支援のために
【23】慢性疾患、心身症、情緒及び行動の障害を伴う不登校の経験のある子どもの教育的支援
【28】「特別支援教室(仮称)」は弾力的運用と交流及び共同学習の推進から
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【34】ADHDのある子どもの実態把握と支援のために
【35】小中学校における自閉症や情緒障害のある子どもの教育の充実
【45】小中学校等における発達障害のある子どもの教科教育等の支援に…
【47】特別支援学級での自閉症教育 
【49】高機能自閉症等の児童生徒の国語科指導のために―「国語科学習評価シート」の作成と活用を中心に―
【50】発達障害のある子どもの学校教育段階における支援の在り方とは
【51】二次障害の予防的対応を考えるために
【55】自閉症・情緒障害特別支援学級に在籍する自閉症児に対する算数科・数学科教育
【57】漢字書字に困難のある児童生徒への指導に関する研究動向
【58】自閉症児の自傷行為への間接支援
【59】自閉症のある子どもの自立活動の授業を組み立てる上での要点絵文字:NEW 1
支援体制に関すること【1】通常学級での教育的支援について-特別支援教育草創期からまなぶ-
【3】LDのある子どもへの指導方法と支援体制
【5】特殊教育諸学校(特別支援学校)の専門性を発揮するために
【7】小・中学校における校内支援体制の在り方
【11】障害のある子どもの支援を行う機関のあり方を考えるために
【15】通常の学級における教育的な配慮について
【17】個別の教育支援計画を策定すれば、教員が変わる、学校が変わる、地域が変わる
【19】交流及び共同学習の一層の推進に向けて
【22】特別支援教育コーディネーターの役割や活動を知るために
【27】地域支援を進めるための教育相談手法を考える
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
【32】小・中学校の特別支援教育はどのように進められているのか
【35】小中学校における自閉症や情緒障害のある子どもの教育の充実
【36】ICF及びICF-CYの活用:試みから実践へ-特別支援教育を中心に-
【37】多職種間連携のツールとしてのICF(国際生活機能分類)実用化の試み-「個別の教育支援計画」への適用を視野に入れてー
【39】地域における障害のある子どもの総合的な教育支援体制の構築のため
【41】小・中学校の特別支援教育の進捗状況に関する調査結果
【47】特別支援学級での自閉症教育 
【48】障害のある子どもへの一貫した支援システム構築のために
【52】発達障害を対象とする通級による指導の充実のために
【56】通常の学級に在席する発達障害のある子どもの状況に関する調査報告
理解啓発等に関すること【1】通常学級での教育的支援について-特別支援教育草創期からまなぶ-
【9】保護者とのかかわりにおいて担当者が大切にすること
【19】交流及び共同学習の一層の推進に向けて
【20】周囲の子どもへの障害理解を図るために
【25】障害の機能補填と関連する脳科学的所見
【26】ヒトの脳機能の最近の計測方法と心理学的検査法
【28】「特別支援教室(仮称)」は弾力的運用と交流及び共同学習の推進から
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
 
後期中等教育段階以降
子どもの特性、実態把握に関すること【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【18】神経症・緘黙症等の情緒障害のある子どもの支援のために
【23】慢性疾患、心身症、情緒及び行動の障害を伴う不登校の経験のある子どもの教育的支援
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【33】発達障害のある学生を支援するため
【40】子どもの教育的ニーズ概念をどう捉えるか
【46】発達障害のある子どもの高等学校等における支援のために
指導法・支援方法に関すること【8】発達障害のある生徒に対する後期中等教育段階の教育的支援
【13】自閉症教育の充実のために「今の充実と明日への展望」「より確かな指導の追究」
【18】神経症・緘黙症等の情緒障害のある子どもの支援のために
【23】慢性疾患、心身症、情緒及び行動の障害を伴う不登校の経験のある子どもの教育的支援
【29】自閉症のある子どもの確かな学びのために
【33】発達障害のある学生を支援するために
【46】発達障害のある子どもの高等学校等における支援のために
【54】高等学校における発達障害等への支援をどう考えるか
支援体制に関すること【8】発達障害のある生徒に対する後期中等教育段階の教育的支援
【11】障害のある子どもの支援を行う機関のあり方を考えるために
【17】個別の教育支援計画を策定すれば、教員が変わる、学校が変わる、地域が変わる
【22】特別支援教育コーディネーターの役割や活動を知るために
【27】地域支援を進めるための教育相談手法を考える
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
【33】発達障害のある学生を支援するために
【36】ICF及びICF-CYの活用:試みから実践へ-特別支援教育を中心に-
【37】多職種間連携のツールとしてのICF(国際生活機能分類)実用化の試み-「個別の教育支援計画」への適用を視野に入れて-
【39】地域における障害のある子どもの総合的な教育支援体制の構築のために
【46】発達障害のある子どもの高等学校等における支援のために
【48】障害のある子どもへの一貫した支援システム構築のために 
【50】発達障害のある子どもの学校教育段階における支援の在り方とは
理解啓発等に関すること【25】障害の機能補填と関連する脳科学的所見
【26】ヒトの脳機能の最近の計測方法と心理学的検査法
【31】発達障害のある子どもを、早期から総合的に支援するために
【33】発達障害のある学生を支援するために
【46】発達障害のある子どもの高等学校等における支援のために