• 指導・支援
  • 研修講義
  • 教材・支援機器
  • 研究紹介
  • 施策法令
  • 教育相談
  • イベント情報
 
 
アンケートのお願い
 

集団の中に入れないのですが・・・



 

     しげき君は、友だちの輪の中に入って一緒に活動することが苦手です。休み時間は好きなアニメのキャラクターを描いていることが多く、自分から話しかけて、友だちの輪の中に入っていくことはほとんどありません。


 

 そこで、先生はアセスメント(子どもの様子をじっくりと見て、どんなことがこのつまずきに関連しているかを考えること)をしてみました。


   担任の先生は、授業中のグループ活動を見ていて、しげき君がメンバーのやることを見ながら行動したり、一つ一つ指示されないと動けなかったりすることに気づきました。


 絵文字:矢印

 ここで行われたアセスメントのポイント!

 絵文字:チェック子どもの行動を観察することで、活動の手がかりとなっていることがらや行動を引き起こす要因について検討する

 推測できるつまずきの要因

 絵文字:緑あいまいな状況だと何をすればよいのか分からない
 絵文字:緑次に行うことが何か、どこまでできれば終了か等、一連の活動の見通しがもてない
 絵文字:緑分からないときに聞くことができない。もしくは聞く方法が分からない

指導編


 
 アセスメントに基づいて、担任の先生は、次のような指導を行ってみました。

 A.グループの編成は、しげき君の特徴を理解している子どもを入れる    
 B.活動するテーマや手順をプリントに書いて示す
 C.グループ内で役割分担を行い、役割を明確にした後にグループでの活動を行うようにする
D.
分からないことや聞きたいことがあったら、手を挙げるようにする 

 担任の先生が行った指導の意味

 絵文字:緑 Aのように対人関係を苦手としている子どもの特徴を理解している子どもがグループに入ることで、ほかの子どもとの橋渡しの役目を果たすことが期待できます。ただし、その子どもの負担にならないように配慮することが必要です。

 絵文字:緑 Bのように活動の手順をプリントにして確認できるようにすることで、いま行っている活動や次の活動が何かを理解し、見通しをもって行動することが可能となります。

 絵文字:緑 Cのように役割分担を明確にすることにより、自分が何をすればよいのかを理解し行動することができます。

 絵文字:緑 Dのように疑問が生じたときにはどのように振る舞えばよいのかという約束があると、安心して活動に参加できたり、周囲の必要以上の支援を減らしたりすることができます。  
 
【文責:佐藤 克敏】