• 指導・支援
  • 研修講義
  • 教材・支援機器
  • 研究紹介
  • 施策法令
  • 教育相談
  • イベント情報
 
 
指導・支援メニュー
 
アンケートのお願い
 

作文が苦手なのですが・・・



 よしと君は作文を書くことが苦手です。作文の時間では、白紙のまま提出することも少なくありません。
 




 そこで、先生はアセスメント(子どもの様子をじっくりと見て、どんなことが このつまずきに関連しているかを考えること)をしてみました。



 担任の先生は、よしと君の発表場面での様子はどうかをチェックしました。その結果、発表場面でも内容が乏しかったり、筋道がとおっていない様子がみられました。


 絵文字:矢印

 ここで行われたアセスメントのポイント!


 絵文字:チェック

作文(書く)という表現領域だけでなく、同じ表現領域である発表(話す)についても実態把握を行う

絵文字:チェック

ほかの表現領域にもつまずきがみられる場合には、話す領域への支援を先行させるか、あるいは同時平行で行う


 

 推測できるつまずきの要因


 絵文字:緑

どのように表現したらよいかが分からない

 絵文字:緑

順序立ててものごとを考えることが難しい

 絵文字:緑

イメージをふくらませることが難しい



指導編


 
 アセスメントに基づいて、担任の先生は、次のような指導を行ってみました。


 A.  発表・スピーチの授業も配慮する
 B.  何についての作文を書くか事前に予告しておく
 C.  作文の下書きやアウトラインメモを用いる
D.
 写真など、作文を書くときの手がかりを用意する


 担任の先生が行った指導の意味

 絵文字:緑 Aのように、同じ表現領域である「話す」に対しても配慮を行うことで、相乗的な効果がみられます。
 絵文字:緑 テーマを告げられ、すぐに取りかかれることは少ないでしょう。Bのように、事前に考える時間、家庭で話し合う時間、家庭で話し合う時間が取れると、題材のヒントが得られやすくなります。
 絵文字:緑

すぐに原稿用紙に書くのは難しいので、Cのように、アウトラインメモをつくるようにします。「いつ」「どこで」「誰が」「何をして」「どう思ったのか」など、質問形式にしておき、そこにことばを入れられるようにしておくと書きやすいでしょう。またそのメモにしたがって清書すれば、順序立って作文を構成できます。

 絵文字:緑 Dについて、遠足がテーマであれば、そのときの写真、社会科見学がテーマであれば、見学先のパンフレットなど、そのときの資料があると、イメージがわきやすくなります。


 
【文責:海津 亜希子】