• 指導・支援
  • 研修講義
  • 教材・支援機器
  • 研究紹介
  • 施策法令
  • 教育相談
  • イベント情報
 
 
指導・支援メニュー
 
アンケートのお願い
 

 自閉症のある子どもの合理的配慮

 自閉症のある子どもには、以下のような合理的配慮が考えられます。なお、以下は一例であり、これ以外は「合理的配慮」として提供する必要がないというものではありません。「合理的配慮」は、一人一人の障害の状態や教育的ニーズ等に応じて決定されるものであることに留意が必要です。



  絵文字:緑学習上又は生活上の困難を改善・克服するための配慮

 自閉症の特性である「適切な対人関係形成の困難さ」「言語発達の遅れや異なった意味理解」「手順や方法への独特のこだわり」等により、学習内容の習得の困難さを補完する指導を行います。(動作等を利用した意味の理解、繰り返し練習をして道具の使い方を正確に覚える等)

  絵文字:緑学習内容の変更・調整

 自閉症の特性により、数量や言葉等の理解が部分的であったり、偏っていたりする場合の学習内容の変更・調整を行います。(理解の程度を考慮した基礎的・基本的な内容の確実な習得、社会適応に必要な技術や態度を身に付けること等)


  絵文字:緑情報・コミュニケーション及び教材の配慮

 自閉症の特性を考慮し、視覚を活用した情報を提供します。(写真や図面、模型、実物等の活用)また、細かな制作等に苦手さが目立つ場合が多いことから、扱いやすい道具を用意したり、補助具を効果的に利用したりします。


  絵文字:緑学習機会や体験の確保

 自閉症の特性により、実際に体験しなければ行動等の意味を理解することが困難な場合があるので、実際的な体験の機会を多く設定します。また、言葉の指示だけでは行動できないことがあるため、学習活動の順序を分かりやすくなるよう活動予定表を活用することがあります。

  

  絵文字:緑心理面・健康面の配慮

 情緒障害のある子どもの状態(情緒不安や不登校、ひきこもり、自尊感情や自己肯定感の低下等)に応じた指導を行います。(カウンセリング的対応や医師の診断を踏まえた対応等)また、自閉症の特性により、二次的な障害として情緒障害と同様の状態が起きやすいことから、それらの予防に努めます。

  絵文字:緑専門性のある指導体制の整備

 自閉症や情緒障害を十分に理解した専門家からの支援や、特別支援学校のセンター的機能及び自閉症・情緒障害特別支援学級、医療機関等の専門性を積極的に活用し、自閉症の特性について理解を深められるようにします。

絵文字:緑子ども、教職員、保護者、地域の理解啓発を図るための配慮
 周囲の子どもや教職員、保護者に対して、自閉症の特性として、他者からの働きかけを適切に受け止められないことや言葉の理解が十分ではないこと、習得方法や手順に独特のこだわりがあること等についての理解啓発を行います。

  絵文字:緑災害時等の支援体制の整備
 自閉症のある子どもは、災害時の環境の変化に適応することが難しく、極度に混乱した心理状態やパニックに陥ることを想定した支援体制を整備します。

  絵文字:緑校内環境のバリアフリー化

 自閉症の特性を考慮し、備品等を分かりやすく配置したり、導線や目的の場所が視覚的に理解できるようにしたりします。

  絵文字:緑発達、障害の状態及び特性等に応じた指導ができる施設・設備の配慮

 衝動的な行動によるけが等が見られることから、安全性を確保した校内環境を整備します。また、興奮が収まらない場合を想定し、クールダウン等のための場所を確保するとともに、必要に応じて照明や音といった過敏性等を踏まえた校内環境を整備します。


  絵文字:緑災害時等への対応に必要な施設・設備の配慮

 災害等発生後の環境の変化に適応できないことによる心理状態(パニック等)を想定し、外部からの刺激を制限できるような避難場所及び施設・設備を整備します。